革とのコンビバッグ

全部ワイヤーテープを編むと重くなるので、本革やファーを合わせるのがただいま北千住の読売カルチャーセンターで行っています私の講座では流行っています。

本革なので高級感は損なわれず、むしろ魅力倍増。そのうえカバンも軽くなる。
悪いこと無しで、そうなるとアレンジの幅が広がって本当に個性豊かで素敵な作品が次々と出来ています。

こちらの作品は、「ちょうど手許にある革がこれだけで、それを活かすにはどのようなデザインにしたらよいか・・」ということからスタートされたようです。ボディの部分のコードバンです。フタの部分はファーの糸を編んでいます。良い糸を使っているので、上質なファーに見えますね。

しかしそれにしてもこの仕上がり、クオリティーはすごいですね!全般において完璧です!!
ちなみにバッグの中は、ワイヤーテープに使い安いバッグインポーチ

最後、バッグの口を留める方法を考えているとき。ちょうどバチクリップをお持ちで、これが丁度良いじゃない?・・と。

続けていると、思いも寄らなかった所でアイディアが結びついたりする、といういい例となる見本のような作品です。